FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
02 | 2014/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

無駄な調査票を作成させるナ!!
先日、労働局機会均等室の調査を受けた会社があります。
この会社からは事前に、労働局機会均等室から送付され事前に記入しておくべき調査票についての相談を受けました。その調査票は膨大なものでした。従業員を年齢別・性別に分けて人数を記入し、教育訓練に関しても記入し等々、記入するために会社資料を集計するのに1週間はかかってしまう程のものでした。この会社は因みに、急成長を続ける企業で、従業員数が約800人、従業員の入退社も激しい会社です。
そこで、私は労働局機会均等室の担当官に電話をして「何のために使う調査票なのですか? 経営学の巨匠PFドラッカーの書籍を一度でも読んでみなさい。使いもしないデータを集め、役に立たない資料を作成するために費やす時間ほど無駄なモノはありません。国費と民間の貴重な人件費を無駄に費やさせることは止めて下さい」と怒りを込めて電話しました。
調査当日に調査官が冒頭で「この会社のことを知らずに来ました。会社の概要を教えてください」と言った時には、もう怒り心頭というよりも、あきれ返ってモノも言えない状態でした。事前にその会社のことを調べもせずに、指導や調査をしようという考え方自体が間違えています。安易に事前調査票を送付し過ぎています。調査票を受領した企業は貴重な時間を割いてその事前調査票に記入する訳ですから、「ついでに記入してもらおう」「あったら良いナ」等ということは事前調査項目とすべきではなく、「必要かつ最低限のことだけを事前調査票の項目にし、その他は当日に問診して確認する」のが正しいのではないでしょうか? 労働局機会均等室の人達は、事前調査票の作成の仕方をもっと研究すべきです。
そして更に、20年前ならば兎も角、いまなら商工会議所データだけでなく、インターネットでその会社のホームページを見て調べることもできる時代です。事前に自らがその会社のことを調べることをしようともせず、来社してその場で会社の人から聴いて、あるいは既に記載されている調査票を読んで、調査・指導しようという考え自体が間違えています。こんなことを民間ビジネスでやろうものならば、その会社に相手にされないだけです(門前払いされる)。
そして当日の調査・指導内容は、「果たしてこの調査官に、そこまでの権限があるのか?」と疑わしくなることまで訊いて、しかも助言までしようとしていました。民法では「企業内自治、自由の原則」が保証されています。行政官(役人)が指導・助言できるのは飽くまでもその行政官が担当する法律に基づいたことだけであり、それを越権し、更には自由が保障されている企業内の方法についてまでは指導・助言できない筈です。
数年前にも、労働局機会均等室の指導を受けた企業では、調査官が余りにも間違えた指導や越権行為といえる指導をするのでその調査官を追い返し、しかも後日に機会均等室の責任者に苦情として伝えたことがあります。このとき、この指導員に私は「自分の立場を考えて発言しなさい。会社側の人は行政官が言うことだから法律上の義務であると誤解してしまいます。調査官はコンサルタントでは無いのだから、法律を超えた私見を述べて良い立場にはありません」と言い切りました。
さて、先日調査を受けた会社で、調査日当日の調査官は色々なことを訊いていましたが、事前調査票に記入すべき事項に関する事柄は一切ありませんでした。そして挙句の果てに「やはり調査に来て良かったワ!!」等と言っていましたから、私は「この調査官は行政官の仕事がどういうもので、その役割と権限を理解しなく、自分の自己満足のためだけに企業に来て企業の貴重な時間を費やしている」と判断せざるを得ないものでした。もう完全にあきれ返ったとしか言いようがないものでした。調査の途中から「ICコーダーで録音してやろうか?」とも考えましたが、流石にそれは自重しましたが・・・。
私の過去の体験では、労働局機会均等室の調査官は会社経営とはいかなるものかを理解せずに、かつ自らの権限を越権して法外のことまで企業に指導し、しかも自己主張するために調査をすることが多いという印象です。これは丁度、育児休業で1年強ほど休業していた従業員さんが職場復帰して、自らの現場処理能力が低下しているにも関わらず、かつ職場は1年前と変わっていないと思い込んで仕事を再開し、知らない間に自分勝手な言動をしてしまう状況によく似ていると思います。
こんな調査・指導は即刻辞めた方が国の財政のためになると考えます。ただし、今回の調査で、この企業は育児休業もシッカリ取らせ、法的に必要書類も全て完備しており、定年に関する法的整備も十分にして法律を遵守していること、そして性別による処遇格差がないことを調査官は理解したようです。

スポンサーサイト





プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR