FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
10 | 2013/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

残業未払問題解決までにやらないといけないことが・・・・・
ある会社から残業代未払問題を解決して貰いたいというご依頼がありました。
そこでご相談にのりはじめたのですが、この問題を解決する前に、この問題を解決するために行わなければならないことがありました。
残業代未払問題などの問題は、まず社長の本心を聞き出すことが大切です。しかし、初対面の私には中々本心を言う人はいません。そのため、何回か社長とコミュニケーションすることが必要となり、その複数のコミュニケーションを通じて社長の本心を憶測していくのが常です。中にはご自分の本心に気づいていない人もいらっしゃいます。要するに、コミュニケーションを通じて、コーチング若しくはカウンセリングしていくことになります(この間のコミュニケーションを通じて、法的知識を持って頂きます)。
しかし、私の時間には限りがありますから、また社長さんの場合はお忙しい方が多いようなので、ユックリとコミュニケーションできることは稀です。そこで、必要最低限のことはお会いして直接お話しをしますが、後はメールを使います。
しかし、今回ご相談頂いた会社は、会社にメールすることはできるが社長はメールをしないそうなのです。そして会社宛にメールした内容はどの社員でも見ることが出来るそうでした。困った私は、社長の奥様はメーㇽをされるのかお聞きしました。そうした処、奥様はメールを時々ですが使用しているようでした。そのため、私は「これから私と社長の間で行うコミュニケーションは社員には聞かれたくないこともあるでしょうから、メール送信を奥様宛にさせて頂きます。奥様は私からのメールに気づいたら社長に渡してください。」とお伝えしてご相談案件の解決にかかることにしました。
労働紛争を解決する為には、対策を考え行動を起こす前に、社長ほか会社の紛争解決担当者に正しい法的知識を持ってもらうことが必要であり、そのための資料を私はメールで送信し説明します。そして、その上で紛争解決の対策を講じていきますが、その過程では会社側(社長)が私から送付された法的資料を誤解していること(過去の体験や友人知人からのアドバイスが原因となっている場合が多い)、会社側の無意識のうちに期待していること(得てして個人情報に属することが多い)等々、私が会社と相談された紛争内容を理解するうえで必要な事柄が沢山あり、それらの事柄の中には他の従業員には極秘にしていた方が良い情報がありますから、メールは全社員が閲覧できるのではなく、特定個人にしか見ることが出来ないことが必須条件とんるのです。
しかし、今回の企業では奥様も本当に「時々しか」メールをしないらしく、メール送信して数日経過しても返信が無いことが続きました。そこで、それに気づいてからはメールした後に社長宛に「メールしましたから見てください」と電話をすることにしました。
なんか、未払い賃金問題の解決の前に、メールの活用方法や会社のホームページについてのアドバイスをした方が良いような状態です。この案件は法律問題以外の分野でのハードルが高そうです。
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR