FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
09 | 2013/10 | 11
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

夕学五十講 経営センスの論理
昨晩は気分転換の意味を込めて商工会議所で開催されるサテライトスタジオ夕学五十講「経営センスの論理」一橋大学教授:楠木建氏 に参加しました。
「経営はスキルではなく、センスである。スキルを沢山集めたり、ブラシュアップしても経営はできない。」
「大切なことほど"言われてみれば当たり前"のことが多く、経営は"当たり前のことを当たり前にやる"ことが大切。」
「当たり前のこととは、矛盾することを解決して、競合他社との違いをつくること」
「対策を箇条書きにするのではなく、ストーリーにすることが大切」
「インプットをどんなに多くしても、アウトプットが保証されるものではない」
「具体的事象を抽象化して論理的なものにして頭の引き出しにしまい込み、新たな事象に遭遇した際にはその引き出しから論理を引っ張り出して、論理と具体的事象とを確認・照合・精査・修正していくことが大切である」
「経営センスは人間本来の内面から湧き出るものであるから、その人が仕事を楽しむことか何よりも大切(経営センスはインサイド・アウト)」
「会社によっては担当者と部長担当者と代表取締役担当者しかおらず、全体を総括的に判断する代表取締役社長が不在のケースがある。その結果、会社のビジネスが他人事になってしまっている。」
など、ザックバランな講義で良い気分転換になりました。
私は(元)富士銀行(現在はみずほ銀行)に勤務していました。社会人としての厳しさは富士銀行の上司から教え込まれました(教えられたというよりも叩き込んでもらった)。しかし、昨今の暴力団関係者に対する融資事件をマスコミで聴いていると、今回の銀行の対応は"頭取が経営者センスを持っていない"と判断せざるを得ません。残念な限りです。
スポンサーサイト



テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR