FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
07 | 2013/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

取締役会に出席
昨日はある顧問先の定期取締役会に出席しました。
議題は、
①資金繰り
②店舗改築計画
③有期契約従業員の期間満了に伴う処遇
でした。
①に関して、この会社は今の処、資金を潤沢に持っており、業績も向上しつつありますから、引き続いて気を緩めないように注意する程度で終わりました。
②の店舗改築計画では、投資額の回収に10年もかかるような予算書を担当取締役が提出していましたので、「投資の是非を決める基準について」確認しました。確かにこの部門は業績が素晴らしく良く、得てしてその勢いで投資を認めてしまいそうでした。しかし、いまどき投資回収に10年以上もかかる予算書しか提出できない投資であれば、その投資はやらない方が得です。要するに、この会社では投資の是非を判断する軸がブレてしまっているのです。これでは、いまは業績が向上し始めているけれども直ぐに鈍化してしまいます。
③の有期契約従業員の期間満了に伴う処遇について、会社は正社員となれる人材を探しているのですが、本人の勤務態度に問題があり、また本人も正社員となることを拒否しているので、私は「変な従業員を会社という船に乗せると、そのうちに他の従業員を巻き込んでしまい、会社という船をひっくり返してしまいます。だから、その人がどんなに優秀な能力を持っていても契約期間満了を理由に雇止めにした方が良いと考えます」と発言した処、一機に雇止めの議決がなされました。実際に他社でも言えることなのですが、このような変な社員は馬鹿ではありませんから、一つ一つの規律違反は軽微なものですが、その度合いを徐々に増していき、そのうちに他の従業員にも影響を与えてしまい、最後には会社が収拾がつかない状態にしてしまう場合が多いのです。
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR