FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
06 | 2013/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

遠隔地操作で育児・介護規程を監修
約2週間位前から広島市郊外の山の中の企業とメールと電話でやり取りをして育児介護規程を作り上げました。私が創れば早いのですが、この会社は私がアドバイザーとなり自分たちで創ることを希望されたのです。この会社は育児休業に関する助成金を利用するためにその規則を改定しようとしていることが分かりました。しかし、訪問するにはかなり不便な場所にある為、メールと電話でやることにしました。
最初に自分たちで法律を読んで創った案をメールしてきましので、これを監修したのですが全くダメでした。
そこで労働局が作成している雛形が載っているパンフレットを送付し、注意すべき点を教えて、パンフレット通りに一字一句間違えないように作成するよう依頼しました。ただし、この会社は申出を拒否する従業員がいるパターンなので、パンフレットのケース③を元に作成するように依頼しました。
私としては、パンフレット通りにつくる筈だから、もうこれで大丈夫だろうと考えていましたが、今日また再作成した規則をメールしてきたので監修することにしました。
また、ダメでした。
数年前の法改正時の規則改定は労働紛争を想定して労働局が作成したものなので、ましてや助成金を利用する為となると余慶こそ厳密にチェックされます。会社の人からすると、「従業員」「社員」「パートタイマー」「有期契約従業員」という言葉も不慣れな言葉なので、出鱈目に近い状態で使われていました。そこで今回は電話で訂正すべき箇所を具体的に伝えながら修正するように依頼しました。かなりの長電話となってしまいましたが、訪問することを考えれば早いものです。
今日指摘した箇所を修正したものを再度メールしてくるかも知れませんが、もう大丈夫だろうと思います。
こんな創り方をしたのは初めてのことですが、一般の人が法律用語と日常用語とをゴッチャにして規則を創ることがよく分かりました。
これをやって思ったのですが、法律上の言葉の意味や条文作成上のルールを全く知らない素人の人が創ると2週間強かかってしまう作業も私がやれば3時間で済むということです。要するに法律用語の意味や条文作成上のルールは暗黙知となっていますから、「餅は餅屋」と言う通りプロに任せた方が安上がりに済むということです。



スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR