FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
06 | 2013/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

賞与支払決定通知書
企業年金基金から電話があり「会社から年金事務所の賞与決定通知書コピーを郵送して貰い基金に届けてされた賞与支払報告書と照合したのだが、人数が合わないので調べて貰いたい。ヒョットすると日本年金機構に提出した支払報告書にモレがあったのかも知れない」という依頼がありました。
この会社は全ての届出を電子磁気媒体(フロッピーディスク)で届出している会社です。
既に企業年金基金に届出したフロッピーディスクには90人分のデータが入力されているのに対して、会社が基金に届けた賞与支払決定通知書コピーは88人分しか無いというのです。
そして先日も、算定基礎届の毎月の賃金に集計ミスがあったので大変な思いをして訂正したばかりの会社です。年金基金に目をつけられているのかナ?
しかし、この会社では給与ソフトから磁気媒体プログラムにデータを転換して、それを元に日本年金機構用のフロッピーと企業年金基金用のフロッピーを同時につくっている筈だから、両者で差は起こりえない筈なのです。
そこで私は、基金からモレている従業員名を教えて貰い、日本年金機構事務センターに確認することにしました。
事務センターからの回答によると「コンピューター画面が確認した処、お二人の賞与データは入力されている。そして、このお二人に関して会社から提出されたデータにある健康保険証番号が間違えていたので、賞与決定通知書は他の従業員とは別処理として同封した」ということでした。
このことから推察すると、郵送されたきた賞与決定通知書を担当者が封筒から抜き取る際に、このお二人の分を抜き取り忘れ、他の書面や封筒と一緒に廃棄してしまった可能性が強い」ということです。
そのうえで、このことの経緯を企業年金基金に電話連絡をし納得して貰いました。
普段は余り意識せずに届いた賞与決定通知書をそのままファイルしている場合が多いのですが、せめて総人数が正しいか否かくらいは確認してからファイルすべきですネ・・・。
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR