FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
04 | 2013/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

取得申請が遅延したときの標準報酬月額の決定
昨日、事務担当者の失念により2カ月以上取得届の提出が遅延した従業員の取得届を広島東年金事務所に提出しました。このときに入社時から直近までの賃金台帳と出勤簿を添付しなければならないのです。
この人は時給制の従業員で、入社後の2カ月間にかなりの残業をしていました。そして、賃金台帳には残業時間数を含めた労働時間数に時間単価を乗じた額が基本給として記載されていました。
そのため、取得時の標準報酬月額は届出資料に添付した賃金台帳に記載された2カ月分の基本給を元に算定されることになりました。前記したように、基本給には残業時間数を含めた労働時間数で計算された額が記載されていますから、残業のない所定労働時間数だけで計算した基本給より高額な額が記載されており、その結果、この従業員は割高な標準報酬月額で社会保険に加入することになりました(月額保険料も高くなる)。
年金事務所の担当者いわく「遅延して届け出たとき既に数か月分の賃金が支給されている場合は、残業が予定された労働契約が締結されていたものと見做さざるを得ない」ということでした。
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR