FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
04 | 2013/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

労災事故の届出
半年前に社労士会の無料労働相談で相談を受けた人から、1カ月ぶりに昨日電話がありました。
ご相談内容は、実弟が仕事が原因で精神疾患に罹患し働けなくなったので労災手続きをしたいのだが、会社がその手続きに関して協力的ではないので私に助力して貰いたいという内容です。これは労働紛争となる前の段階で、労災申請の事務手続きに関するご相談であり言わば事務代行手続きと考えられます。労働紛争にする意思をそれとなく遠回しに確認した処、その意思は全く無いようなので事務手続きの相談として応じることにしました。
1カ月前の電話では「退職した場合に労災手続きはどうなるのか?」というご質問でしたから、「退職しても2年間は遡って労災手続きをすることができます。その期間中に在職期間があればその期間中の証明には会社の捺印が必要ですが、退職後の期間に関しては会社の証明は不要で本人と医師の証明で労災申請ができます」とお答えし、1カ月前にあった電話で書類の書き方ほかを教授しましたが、全く進展していませんでした。
そこで、「私に何かをメールしてください。そうすれば私からメールで書き方のたたき台となるものを返信してあげましょう」と伝えてメールしてもらいました。これで文章のやり取りも可能となります。
この電話を受けたとき、たまたま顧問先企業の労災事故処理を2件処理していましたか、私も相談者も労災書類を手元に置き、例えば書類の左上方に〇番の番号がある欄に「〇×△ということを記入してください」等と具体的に教授し、「中段の△番の欄に記入する文章の「たたき台」は私がメールしますから、実弟に事実確認をしながら修正・訂正して再度私にメールで返信してください」と伝えました。その上でたたき台をメールしたのですが、その後は無のツブテとなりました。また私が忘れた頃に電話が入ると思いますが、今度はメールが開通しましたから確認・催促のメールをすることができます。
私は基本的に個人の人(従業員)からは報酬を貰わずに相談に応ずることを原則にしていますから、このように電話とメール又はFAXで対応することが多く、面談は必要かつ最低限で済ませるようにしています。私からすれば士業のボランティア活動としての位置づけですが、結構手間がかかるものです。

テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR