FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
02 | 2013/03 | 04
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

大衆銭湯でのできごと
私はたまに大きなお風呂に入り仕事の疲れを癒すためすぐ近所にある大衆銭湯に行きます。そして、昨日銭湯に行った時の出来事です。
隣の席は最初は空席だったのですが、後から背中に総刺青をした人が座って来ました。内心「やばいナ!!」と思い、湯しぶき等が出来るだけ散らないよう大人しくシャワーを使用していました。
ただ、この人は時々私が銭湯に行くときに見かける人で銭湯の番台の人も刺青をしているものの入浴を許可している近所の人のようなのです。
そして、数か月前には若い人と一緒に来ていて(その若い人も背中に部分的に刺青をしていました)、その若い人の入浴マナーが悪いときには
「馬鹿もの!! そんなことをしたら周りの人に迷惑をかけるから止めろ!!」
「座台や洗面器は風呂場から出るときには洗って元あった場所に戻せ。お風呂を使わせてもらったのだから当然のことだ!!」
などとマナーを指導していました。このときにも良い指導をする人だなと感心しましたが、今回はもっと関心しました。そして、このような人がなぜ背中に総刺青をしているのかナ?とも思いました。
そして、昨晩は、私が上がり湯の代わりにシャワーを頭からかぶっていたときのことです。私は目を閉じて中腰でシャワーを使っていましたから、バランス感覚を失い後ろに転倒し、浴槽の淵で頭を打ちそうになってしまいました。このとき、この隣に座っていた総刺青の人は直ちに私に「大丈夫ですか?」と優しく声を掛けてくれました。私は「大丈夫です。ご心配をかけて、ありがとうございます」とお礼を言いましたが、このときのこの人の気配りに吃驚しました。このとき、もし一般の人が隣に座っていたら、転倒するのを目視しても声はかけない、あるいは無視してしまうのではないかと思います。
昔し、任侠道に生きる人達は一般の人よりも能力的に劣る若い人たちに「人としての道」を教える人が多いと聞いたことがありますが、この歳になって初めてそのことを体感しました。



スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR