FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
08 | 2012/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

見込割増賃金制度(固定残業代制)の説明
昨日は、ある会社の現場責任者と総務責任者に見込割増賃金制度(固定残業代制)の説明を行いました。
この会社は、建設業を母体として他の業種も事業展開している企業です。
この会社には約3年前に見込割増賃金制度(固定残業代制)を導入し、そのときの社長や総務責任者にはこの制度の説明を行ったのですが、もともと日々の始業終業時刻を記録していなかったため、一般的な説明で終わり具体性が乏しかったため、制度を導入したものの正しい運用(固定残業代を超えた残業をした場合には追加で割増賃金を支払う必要があること)がされていませんでした。
しかし、今年の春にあることがあってから、建設業以外の他の事業の事業部長が自部門だけで始業終業時刻を管理させるようになりました。そのことを最近になって知った私は、早速にその部長から記録された資料を預かり、固定残業代を超えた割増賃金が発生していないかチェックを行いました。その上での昨日の説明会です。
チェックした結果、
①総員約30人のうち2名だけが固定残業代を超えた残業をした月が2カ月だけあること、
②自部門で時間集計をしていたのですが深夜労働時間を集計していなかったこと、
③所定休日に勤務した場合を割増賃金の対象としていなかったこと(幸いにも法定休日労働はありませんでした)
等が分かりましたので、昨日、今後の集計方法に関してレクチャーしました。
多忙な部長なので予定時間は40分しか確保していなかったのですが、部長も大変に関心が高く質問も多かったため、1時間強に渡ってレクチャーすることになりました。

スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR