FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
08 | 2012/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

皮膚病アトピーが良くなった
私の息子は、子供の頃からアトピーが酷く、色々な病院で治療をうけましたが、全く治る兆しもありませんでした。今年の春までは東京の大学に通っていたのですが、その後故郷の広島に帰らせ、新しい皮膚科に通うようになりました。広島市中区大手町にある「さちクリニック」というクリニックです。
このクリニックの治療方法は、それまでの病院の治療方法と全く違うものでした。薬を使ってアトピーを治そうというのではなく、人間本来が持つ治癒力(自己治癒力)で治そうという治療方法です。
そのためか、医師の指導は従来の医師の指導とは全く異なるもの、というよりも正反対のものでした。
①皮膚は保湿させず、出来る限り乾燥させる。
②体内も可能な限り乾燥させる(飲水制限)
③従来から使用していた薬剤は徐々に減していく(当初は8種類の薬を使用していましたが、現在は1種類だけになりました)
④カユイときには手でかいても良いから、ストレスを溜めないようにする。
⑤但し、ツメはいつも綺麗に切り取り、ツメの先と表面がツルツルになるまで磨く(手がカイたときに、引っ搔き傷が少しでもできないようにする)。・・・ネイルアート用のツメ磨きで仕上げする。
⑥タンパク質を含む食品を多く食べる。
⑦清潔にし過ぎないため、風呂には毎日入ったらいけない。2~3日ごとにしか風呂に入らない代わりに、毎日、体は拭く。
等々です。
広島に帰ってきた直後に網膜剥離の手術もしたので、その翌日からストレスのためヘルペスという皮膚病にもなり、フランケン・シュタインの顔のようになったので、どうなることかと思っていましたが、そのヘルペスが治まってからは、日に日に見違えるようにアトピーが良くなっていきました。
この間、息子が一番注意していたので食事です。朝は多めに食べ、昼はそこそこ、夜は適当な量を規則的な時間に食べていく、そして動物性蛋白質と植物性蛋白質を含む食品をバランス良く多目に食べ、野菜を意識して食べるようにしていました。その結果、息子が選んだ代表的な食べ物は、昔懐かしい「魚肉ソーセージ」です。
201209060614000.jpg
息子いわく、このメーカーのソーセージは外側の包装が剥がし易いのだそうです。これを毎朝1本ずつ、大量のキャベツと一緒に食べています。
いまは昔のような痛々しい状態ではなく、アトピーだと言わない限り判らない程度まで回復しました。しかし、これからが医師の腕の見せ所と私は考えています。いよいよツメの段階にはいりましたから、ここで気を抜いたら元の木阿弥です。
しかし、薬を使うことで、本来人間の皮膚がもっていた自己治癒力が抑制されてしまいアトピーをかえって悪化させていたとは驚きです。そして人間の自己治癒力にも驚かされました。



スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR