FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
07 | 2012/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

水漏れ
午後3時にアポイントしているお客さんがあるので午後2時過ぎに事務所を出発しようとしたら、普段は仕事で使用せずその時は誰もいない部屋から変な音が聞こえてきました。「アレ??」と思ってその部屋を調べてみると、天井から水漏れしているのです。8月20日からもう一つ上の階の部屋を改築していて昨日から水回り工事をすると聞いていました。直ぐに通りすがりの作業員に声をかけい工事責任者を呼ぶように言いましたが、どうもその作業者は「私の仕事とは違う」と言うだけです。仕方ないので置いてあるパソコンや資料そして衣料品が濡れないようにビニールで覆いをしました。再度、戸外で日本語を話すのが聞こえたので急いでその人に声を掛けると「直ぐに責任者に伝えます」と言って上の階に上がりました。最初に声をかけた作業員は相変わらず従来と同じように廃棄物らしきものの搬出作業を続けていました。
しかし何時まで待っても誰も降りてきません。その間に天井の水漏れ箇所は増え被害は大きくなる一方でした。声を掛けて30分以上が経過してやっと上の階にいた工事人の一人が降りてきました。降りてきたのは良いのですが、天井の水漏れ箇所だけを確認して再び上に上がってしまい、私の部屋の水漏れ防止は何もしようとしません。この間にも水漏れ箇所は増えていきました。そして遂には漏れて天井から落ちてくる水滴を受ける器が足らなくなり、為すがままの状態となりました。それから20分以上が経過して、やっと工事責任者という人が来ましたが、既に濡れる心配をしなければならなかった部屋の荷物は移動していました。工事責任者は他の工事現場に行っていた為、私の所に来るのが遅くなったと言い訳していました。しかし、その間に工事現場にいた人たちが何もしてくれなかったというのは大きな手落ちだと考えます。私一人で鼓舞奮闘せざるを得ませんでした。工事費用を削減するために人員を必要以下に削減しているから、また連絡体制・リスク管理体制ができあがっていないから、こんな不始末をやってしまうのです。利益優先主義の弊害としか言いようが無いと考えます。
私は水漏れで被害が広がるのを防ぐ努力をしながら、午後3時からと午後4時からアポイントしていた2社のお客さまに電話で事情を説明しキャンセルです。そして、こんな時に限って労働紛争の相談の電話が入って来ました。相談相手は感情的になっていましたから、まずは出来る限りユックリと相手の説明を聴いたうえで、私の現状(水漏れ防止中)を伝えて来週になってから訪問するから労働紛争の経緯を紙に書き出しておくように依頼しました。この間、新たな水漏れ箇所が発生していないか気がきではありませんでした。
世の中、予期せぬことは起こるものですが、こんなときは慌てないことが一番大切と考えて、出来るだけ自分自身を第三者的に鳥瞰して「いま何をすべきか?」と自問自答していましたが、気にかかることはやはり気にかかり、集中力が欠けていたことは否めないと思います。また、電話されてこられた他のお客様にも失礼なことを言ってしまっていないか気になる処です。

スポンサーサイト



テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR