FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
06 | 2012/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

懲戒処分の相談
サマーターイム実施中なので昼食の後は短い昼寝をしようとしていたら、ある会社から電話で懲戒処分の相談があり、眠気が吹っ飛んでしまいました。
通勤手当を支給している福山支店の支店長が、通勤手当を支払っているのに、会社の許可を得ることなく会社の営業車で毎日通勤していることが発覚したので懲戒処分を行いたいという内容でした。
この会社からは過去に懲戒処分の相談を受けたことがない(懲戒処分をしたことが無い会社)ので、懲戒処分を決定する前のプロセス(諮問委員会で事実調査と本人の弁明を聴き、懲罰委員会で懲戒の内容を決定すること)を説明した処、既に諮問委員会で本人の弁明は聞き、懲罰委員会で懲戒処分の内容も検討したということでした。そこで、その内容を記録として残しておくようにアドバイスしました。そして、懲戒解雇の場合は処分の根拠となる規定が就業規則にあるか否か(懲戒解雇以外の場合は、大半の場合は就業規則に明記してなくても可能)、処罰と犯した罪とを天秤にかけ社会常識から判断して処罰が重すぎないか、がポイントになることをお伝えしました。
その後に色々なことをお聴きしたのですが、この社員は平成11年に会社のお金を300万円横領し、平成18年にも200万円を横領したのですが、そのときには賠償責任だけを負わせて厳重注意以外には特別な懲戒はしなかったとのことでした。
また、今回この他にも、家族構成を偽り、家族手当を不正受給していた可能性もありました。しかし、本人が「総務部に家族構成が変わったことは伝えた」と言い張るので、この件は懲戒処分の対象から外し(疑わしきは罰せず)、返金だけをさせることになりました。
通常の会社であれば、最初の横領だけで懲戒解雇してしまうのですが、随分と甘い会社のようです。ましてや本社から離れた所にある支店の支店長を勤めさせるというのは論外の話しです。
会社の結論としては、前2回の横領の際に厳重注意したのに改悛の情がなく、再び今回のような事件を起こしたことは厳罰に相当するということであり、しかも本社から離れた福山支店で勤務をさせると今後また何かをしてしまう可能性が強いということもあり、支店長職から一般職に降格減給させ、広島本社の商品管理部門に配置転換するという処分にすることにしたそうです。
そこで思わず私は「私なら懲戒解雇します!!」と言ってしまいました。
それは兎も角として、懲戒処分通知書を私が作成して届けることになりました。だから昼寝どころではなくなったのです。
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR