FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
06 | 2012/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

社会保険労務士会の研修会
昨日は広島県社会保険労務士会の研修会がありました。
研修内容は、①年金確保支援法について、②労働条件審査の実務について、の2点でした。
年金確保助成金は、(a)保険料納付漏れがある人は10月以降に納付できるようになること、(b)その案内が今年8月から段階的に発送されること、等の連絡がありました。
労働条件審査に関しては、先駆者である東京都板橋区の社労士会(全国社労士会ネット研修の講師)から社労士を招聘しての講演会だったので、労働条件審査を行うときの実務的な注意点に関する経験談が聴けると期待したのですが、別のお話しでした。チョと残念です!! しかし、講師が法令遵守の労務監査とマネジメント力UPのための従業員満足に結び付く労務管理を意識的に使い分け始めたことを知ることができたのは収穫でした。

研修会が終わった後に、研修中にあった電話番号先に順番に電話していくと、その中に「今日、突然に広島中央労働基準監督署の職員2名が訪れて、調査して帰りました。是正・指導されたのは・・・・です」という連絡がありました。是正・指導の対象となったのは大きな問題となることではないので安心しましたが、この会社は今年2月に個別労働紛争が発生し4月に「あっせん」制度を利用して和解した会社です。そして、そのお手伝いをするときに、就業規則を全て改正し、また労働時間を記録するように私が指導していた会社なので、会社がそれを実行し始めていたか否か、労基官の評価がどうであったかが気にかかる処でした。特に、今回の就業規則変更で、固定残業代制(見込割増賃金制度)を明記したので、労基官のそれに対する評価も気にかかる処でした。報告によると、固定残業代制に関しては全く問題が無く(未払残業代は無い)、また労働時間の記録も現在の所は問題が無いということでした。しかし、実行し始めて日が浅いため、今後3カ月間は毎月のタイムカードを労基署に持参して報告するようにとの指導をされたそうです。


スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR