FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
04 | 2012/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

人財、人材、人在、人罪
雑誌「プレジデント」を読んでいたら面白い記事があったのでご紹介します。

「人財」と「人罪」という言葉があることはご存じの事と思います。
その記事では、
「人財」・・・スキルが高く、マインド(人間性や人柄)も良い人のこと
「人材」・・・スキルは高くないが、マインドが良い人のこと
「人在」・・・スキルは高いが、マインドが良くない人のこと
「人罪」・・・スキルが低く、マインドも良くない人のこと
となっていました。
私は色々な企業で「新規採用するときにはスキルよりもマインドを重視してください。スキルは入社後に教育訓練することができますが、マインドを入社後に治すことはできません」とお話ししています。
しかし、入社面接のときには誰でも良い格好をします。従って入社面接だけでマインドを見抜くことは至難の業です。そこで、試行雇用期間(トライアル雇用期間)を3カ月~6カ月程度設けて、その間の勤務態度からマインドを見るようにして下さいと助言することにしています。人間は、面接採用時に「エ~格好」しても永続きしないもので、慣れて気が緩んだときに本性を窺い知ることができるものです。
注意しなければならないことは、論語でも「一人の人間が国を興し、一人の人間が国を滅ぼす」と言っているように、「変な人間を一人入れた為に会社が変になる」ことはよくあることです。そして、人を雇い入れると手だけではなく、口と頭を持って会社に入って来るということです。兎に角、マインドが変な人をスキルに騙されて採用しないことが大切です。



スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR