FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
03 | 2012/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

パワハラの加害者
パワハラで部下が統合失調症になった上司(加害者)から事情を聴きました。1時間半ほど本人に経緯を説明してもらいました。本人は部下を教育するつもりで色々なことを教えていたつもりのようで、全く発生した事態を理解しようとしていませんでした。上司は良かれと思って本人のためにやったようですが、本人は余計なお世話であり、プライバシーの侵害とも理解していました。
そこで仕方なく私がパワハラについて本人に教科書的な説明をしました。加害者が今一つ理解しかねていたので、セクハラを事例として同時に説明しました。同席した会社の人達には昼間にパラハラに関する書籍の資料をメールしていましたから、私の教科書的な話しはよく理解できたようです。上司本人も多少は理解してくれたようです。どうも中途入社の新人に上司がお節介し過ぎたようです。
運よく今回の件とは全くの別件として、会社が組織の大改革を行いましたから、この上司と部下の関係は清算されることになりました。昨日、そのことを被害者に話しをしたら、本人の顔色が明るくなったのが印象的でした。
さて、被害者である従業員は15日まで病欠で16日から出社してくる予定ですが、どうなることやら・・・。大きな問題に発展しなければ良いのですが!!
セクハラは陰湿な問題だから嫌ですが、パワハラは加害者にその意識が無い点が難しい点です。私見としては、セクハラにしても、パワハラにしても、普段の人間関係(コミュニケーション)に問題があるからトラブル化するのではないかと考えます。
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR