FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
03 | 2012/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

春嵐の中を隣市の企業へ訪問
明け方の雷で睡眠を妨げられたせいか眠りが浅く、今朝は1時間ほど寝坊してしまいました。
大雨の中をレンタカーで隣市の東広島市の企業に行く前に、広島市南区の企業によって平均賃金を計算するために賃金台帳と出勤簿とを預かりに行きました。この企業には先日、36協定は毎年労基署に提出しなければならないものだと説明したのですが、それを作成したので見て貰いたいという突然の依頼があり拝見しました。しかし、全く基本を理解していないので労基署のパンフレットをメールするからそれを見るべきであること、そして今回は説明するのが面倒くさいから私が作成することを伝えて、早々に東広島市に向かって出発しました。
東広島市での1件目の企業は広島に本社がある会社の支店です。ここではソフトバンクの携帯電話を販売しています。そこで、携帯電話部門の部長から「ソフトバンクから店舗の終了時刻を1時間延長するように指示されたのだが、従業員の勤務をどうすれば良いか」とのご質問がありました。
そこで私は「問題点は2点あります。一点目は、従業員の残業時間数が増え過ぎると健康障害(うつ病ほか)が発生する可能性が高くなるから従業員の健康に留意する必要があること、その為には店舗の営業時間と従業員の勤務時間とを別のものとして考え勤務シフトを組むこと、二点目は残業代が増えるので業務の効率化を図り生産性を高め、無駄な残業はさせないことです」と指摘しました。
そうするとこの部長さんの一番の悩みは残業手当が増えることで人件費が高騰してしまうことであることが分かりました。
そこでいま本社では給与・賞与を決定する際に付加価値分配方式を検討しているから、もし有意義な残業をすれば残業代は増えても店舗業績も増えるから付加価値分配率は変わらないこと、そして、もしそうなれば従業員の賞与も増える可能性があること、しかし逆に無意味な残業をしていると残業代が賞与原資を喰ってしまい賞与は減ってしまうことになるが分配率は一定に保つとができるので経営の安全性は担保されることを説明すると大変に満足して頂き、「それをすぐにやって下さい」と依頼されてしまいました。
1社目が終わり、外に出ると雨はやんでいたのですが、突風が吹いていました。このとき「バイクで来なくて本当によかった。こんな風の強い日には、私のバイクでは風に流され真っ直ぐに走ることさえ出来ない処だった」と思いました。
さて、2社目は親戚の会社です。ここでは、年休に関して従来は違法な取扱いをしていたのですが、今回からはその取扱いを廃止し、同時に半日年休を認めようとしているのですがどのように進めれば良いのかがわからないからアドバイスしてくれと依頼されてお伺いしました。この件に関しては、私のアドバイスで一瞬にして解決しましたが、それからが大変でした。久しぶりに伺ったものだから、次から次へと色々な質問がでて、延々3時間も説明するハメになりました。
2社目が終わって帰路についたのですが、既に夕方です。通勤ラッシュに巻き込まれてしまいました。バイクだと40分も走れば帰れるのに、自動車だから1時間半もかかってしまいました。ヤレヤレ・・・、タバコの本数が増えてしまいました。自動車の方が楽なのですが、ラッシュ時にかかるとバイクよりも自動車の方が時間がかかってしまうので難点です。
スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR