FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
02 | 2012/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

就業規則の届出
いま就業規則改正のお手伝いをしています。そこで現状の給与計算の方法を会社の担当者から教えて頂いたのですが、色々な点で労働基準法に抵触してしまう運用をされていました。
そこで直すべき点を教授したのですが、担当者は「労働基準監督署に届け出て、そのときに何も注意をされなかったから現在のやり方でも良い筈だ」と言われます。そのため法的な根拠をご説明したことは言うまでもないことですが、同時に「就業規則を労基署に届出ても、届け出たその場で違法性を指摘されることは稀であること。受理した後に専門の職員が内容を審査するが、このときには現場での運用までは判らなし、条文の表現方法にもよるので、明らかな違法性が認められない限りは注意・指導には到らないこと」等をお伝えして、今回、就業規則とその運用方法(考え方)を全面的に修正していただくことにしました。
これは就業規則改定を依頼された場合によくある例です。届出を受理されても安心してはいけないのです。
そして、次に起こる症状にも一定のパターンがあります。それは「自分達が今までやってきたことを変更することに対する抵抗」てす。人間性の中に潜む「保守性」、すなわち変える事に対する不安、変えたくないという願い、煩わしいという不満が発生します。
そこで必要となるのが「智慧」です。いままでやっていたこと、考えていたことを出来る限り変更することなく、かついかに合違法性の無いものにしていくか、その方法と手段を協議して解決策を見出していくことが必要となります。このためにはアドバイスする私のような立場の人が「場数を踏む」という経験が必要となります。

スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR