FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
02 | 2012/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ある会社の決算直前の取締役会
朝一番でハローワークに求人手続きをした後は、別の会社の取締役会に出席していました。いつもなら2時間程度で終わるのですが、流石に決算直前だけあって5時間ぶっ通しで取締役会がありました。いつもは議決したのかどうかが良くわからない取締役会なのですが、今日は不明な点があると直ぐに事情に詳しい幹部を呼びつけて事情と意見を聴いた上で即断即決です。
本社の業績が極めて悪いが、支店は頑張っている。全社としては利益がでるか出ないかギリギリの所です。その中で業績が極めて良い支店だけに決算賞与を4月に支給することを決定されました。従来は、この会社では良い業績の支店があっても全社業績が悪いときには決算賞与は支給していませんでした。この決定を取締役会でする前に、「村上さんは一部の支店だけに決算賞与を出すことはどう思うか?」と尋ねられたので、「逆風が吹く経済環境の中で健闘した支店なのだから、こんなときにこそ賞与は支給すべきです。良いときには褒め、悪いときには懲罰すること、信賞必罰を明確にすることが企業には大切なことです。悪いときに頑張った支店こそ称えられるべきであり、このような支店を賞さないと、そのうちどの支店も諦めて頑張らなくなります」とお答えしました。そしてこの時にある取締役が「来期は本社だけが頑張れば決算賞与は貰えるのか?」と訊きましたから「本社も頑張れば貰える筈です。しかし、これは既得権ではなく、その都度の会社の重要施策に対する評価によって決められるものです。経営は柔軟な戦略が立案実行できるようにしておかないといけません。既得権を主張しだすと、アメリカのGMや日本のJALのように倒産することになります」とお話ししました。
その後は、不振を極めている広島本社の組織と人事を抜本からやり直す検討です。支店長とそのブレーンを入れ替え、組織も立て直すという大がかりなものです。
この段階で私は「あ~あ!! 今日は長い取締役会になりそうだ」と覚悟を決めました。トイレに行くふりをして、今日でなくても良いアポイントは全て明日以降に変更してもらいました。
終わったときには頭の中がクタクタでした。

事務所に帰ってタバコでも一服しようとしていると労働紛争が発生しそうな会社からFAXが送られてきました。疲れているので読む気は余りしなかったのですが、企業は返事をまっているだろうから急いで読んで対策を伝授しました。FAXが18枚にもなっていましたが、大切なのは最初の1枚だけで、後は余り重要ではないことがダラダラと書き連ねてありました。従業員は「子宮内膜症性卵巣嚢胞」という病気に罹っているから会社が命じた配置転換は拒否するという内容でした。直ちに産業医の意見を訊くように会社に指示したことは言うまでもありません。ただ、後でインターネットで調べてみると、この病気は30代の女性のうち5人に1人が持つ病気だそうですから、そんなに心配しなくても良いかもしれません。

そして最後は隣市にある企業から年次有給休暇に関する電話相談です。この会社の担当者は話すのが遅いが難です。案の定、結論は5分も掛らずに出せたのに、担当者がゆっくりと話して、間をとって話しをされるから1時間半の長電話となってしまいました。こんな調子だから会社業績も振るわないのです。やはり俊敏・機敏に動き応える企業体質でなければ、競争が激しく、消費者の変化が激しい現代の競争には勝ち残っていけないと思います。

スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR