FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
02 | 2012/03 | 04
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

派遣労働者雇用安定化特別奨励金
6カ月を超えて派遣労働者を受け入れていた会社(派遣先企業)が派遣労働者を直接雇用にすると派遣労働者雇用安定化特別奨励金が貰えます。中小企業の場合、期間の定めのない従業員として雇い入れると100万円、6カ月以上の期間の定めのある従業員として雇入れると50万円が全部で貰えます。但し、分割して貰うことになります。
ある顧問先が昨年からフロントの人員を募集しているのですが、中々応募者がないので、昨年から派遣労働者を受け入れていました。その派遣労働者は能力が高い人で人柄も良いので、本人と派遣元とに話しをして社員として雇い入れることにしました。そこで、この奨励金を私が調べるハメになったのです。
実は、この奨励金ができた当時に別の企業で私には嫌な思い出があります。この奨励金はパンフレットや説明書を読んだだけでは解らない落とし穴が色々とあるのです。そこで、急遽、労働局に細部を確認することにしました。
まず判ったのは、「6カ月を超えて派遣労働者を受け入れている企業が・・・」という箇所を、他の助成金と同じように解釈してはいけないということです。例えば、昨年10月11日から派遣労働者を受け入れている場合、6カ月経過日は4月10日ですから、4月11日に正社員とすれば普通の助成金の場合には要件を満たしていることになるのですが、この奨励金では4月12日以降でなければならない(半年プラス1日)ということです。
そのほかには派遣(個別)契約書の問題があります。その他にも色々とあります。
結局、タイムカードと派遣(個別)契約書とを会社まで取りに行き、それを以て労働局で相談することになりました。
過去に嫌な思いをしたので、私の体が拒絶反応を起こしていますが仕事だから仕方ないナ!!

今日は広島西税務署にも行きました。私の確定申告は済み、既に還付金も入金となっているのですが、別件で不動産を売買したときの税金の取り扱いについて教えて貰うために行きました。先日は、広島東税務署で同じ質問をしたのですが、「確定申告で忙しいから管轄の税務署で相談してくれ」と言われ追い返されてしまいました。今日は確定申告の最終日ですから、忙しいいのは承知のうえだったのですが、今日の15時からの商談のために絶対に必要な知識があったのです。広島西税務署はごった返していましたが、頼み込んでみると、電話で相談を受け付ける専門員がいるからそこに電話すれば良いことを教えてくれました。早速、電話したことは言うまでもないことです。先に行った広島東税務署の職員さんも、ゾンザイな対応をするよりは電話照会するように勧めてくれれば良かったのにと思います。①不動産に対する税金は所得税と違い累進制ではなく一律であること、②売買益(売値-買値)に対して税金がかかること、③所得税のような税額控除の対象となる額は無いこと、④ただし、他の所得で控除対象額が余っていたら土地売買益からの控除として使えること、③銀行借入返済に全額充当する場合でも税金はかかること、こんな基本的なことを知りたかったのです。電話照会したら、直ぐに丁寧に教えてくれました。

スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR