FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
01 | 2012/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

和解確認書の清算条項
ある会社で半年前から欠勤していた従業員と和解が成立しました。半年前から欠勤し始め、明らかに鬱病のようなのですが、本人に病院に行き診断書を会社に提出するように勧めても病院に行こうとしないのです。会社としては、診断書が提出されない限り病気欠勤による休職扱いとする訳にはいかないので、根気強く本人を説得し続けていました。
その従業員がこの度退職することを申し出てきたのです。そこで会社は本人と話し合いを行い、今月末で退職とするが、退職金の計算に関する勤務年数は欠勤開始前までとするということで合意しました。その上で、会社は念のために、私が以前に渡していた和解確認書に本人の署名を貰う為、その内容が妥当であるか否かを私に問い合わせてきたのです。
私は、「退職金が未払いなのだから、和解書に一切の債権債務の無いことを確認するという文章があるのは可笑しいこと」「本人負担の社会保険保険料を会社に支払ってもらうのだから、その点でも可笑しいこと」を指摘して、「退職金と社会保険料を除く一切の債権債務が無いことを確認する」という趣旨の清算条項に変えるようにお伝えしました。
会社が直ぐに和解合意書を作り直したことは言うまでもないことですが、いずれにしても半年の間、未解決となっていた問題が1件解決したので一安心です。

今日はこの後に、数年前から次期社長を誰にすべきかと悩んでいた会長から声がかかり、急遽、昼食をご一緒しながらお話しを聴くことになりました。会長は、悩んだ挙句に次期社長を決められたようです。後は手順と社内発表するタイミングの問題だけです。そこで、まず数日後に次期社長予定者と食事する機会を設けて、本人の意思確認をすることになりました。尚、今の社長は全く能力が無いし、この度病気になりましたので、今期末辞任してもらうことになりました。

午後は、ある会社の部長に人事評価制度に関して意見をお聴きする場を予定していました。業績が好調な部門で、しかもこの部門独特の人事評価基準があるようなので、余計なことは言わずに、いま部長の頭の中に暗黙知として入っている評価の仕組みと基準を書き出してもらい、そのうえで全社の評価制度との整合性を保つように調整する予定です。呼び水として、本社で新しく創り上げつつある人事評価制度の仕組みを簡単に説明し、部長から意見を言ってもらうことで部長の頭の中を整理する手伝いをするための打ち合わせなのですが、打ち合わせは2時間ほどで終わりました。調子のよい部門には部長自身も気づいていない何か素晴らしいものが潜んでいる筈なのです。その何かを探り出し、全体・全社との整合性が保てるようにすれば良いのです。神経をつかい、何回かはキャッチボールをして確認することが必要となると思いますが、非常に物分かりの良い部長さんなので短時間で打ち合わせを終了することができました。

スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR