FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
12 | 2012/01 | 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

懲戒処分などオンパレードの会議
ある会社の経営会議(実質的には取締役会)に出席して驚きました。私の思いとしては、昨年10月以降プロジェクトで検討していた人事評価制度を各取締役に簡単に説明して資料を配布し、後日にご意見を頂戴するつもりでしたが、その前に懲戒処分に関する検討がオンパレードとなったのです。
①最初は、うつ病で昨年退職した従業員の不正が発覚し損害賠償請求する案件でした。
②次は支店規律が著しく乱れていて、その原因がある従業員が4年前と1年半前に暴力を振った為、支店長や他の従業員が著しくその従業員を恐れている結果であることが判り、その従業員に対する処罰の検討でした。
③三番目は、今月末退職予定の社員が競業他社に入社する可能性が極めて高いので、その予防策の検討でした。
④そして最後は、私物パソコンを職場に持ち込み使用することを禁止しているにも関わらず持ち込み、しかもアダルトサイトにアクセスし、それを支店サーバーに保存し、サーバーをウィルス感染させた従業員の懲戒処分の検討でした。
いずれも特定社会保険労務士の世界のことなので真剣にアドバイスせざるを得ない状況となりました。
オマケにこの後に、請負契約と雇用契約の違いを検討し、更にその後に現在面接中の60歳超の高齢者の賃金に関する検討もありました。これも私の世界の仕事です。
これらの検討が全て終わったときには、私は気力のほとんどを使い果たし、とても人事評価制度を説明するのに十分な気力は残っていませんでした。しかし考えてみれば、今までこの会社は人事評価を蔑ろにして技術スキルと業績だけを重視していたから、前記したような懲戒処分オンパレードの状態となったのです。そこで残りわずかとなった私の気力を振り絞り説明をしました。まさにウルトラマンのランプが3分経過して鳴っている状態でした。
事務所に帰って、上記の懲戒処分等で私が説明したことの根拠が記載してある資料をメールし、その後に「懲戒処分通知書」と「退職後の競業避止義務及び秘密情報取扱いに関する誓約書」を作成していたら、深夜労働の時間になってしまいました。
明日はこの会社の部所長会議に出席し、その後に人事評価制度プロジェクトに参加するので、この会社の先月試算表の内容をチェックしなければならないのですが、流石にもう気力が残っていませんから寝ることにします。
この会社は創業60周年以上の会社で歴史はあるのですが、よく今までの体制で大過なくこれたものだと感心するばかりです。運が良かったとしか言いようがありません。

スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR