FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
11 | 2011/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

私生活上の違法行為による懲戒処分
私生活上の違法行為を原因として懲戒することは難しい場合が多いのが実情です。ただし、その従業員の担当する職務内容、社内外における地位(影響力)、犯した罪の社会的位置づけ(軽重)等にも依りますが・・・。
今週は、その手の相談が一件解決しました。
児童ポルノをネットにUPした人が県警に逮捕拘留され、罰金刑を科せられました。普通の会社では会社の信用を失墜させたということで懲戒解雇をしようとしますが、この会社の社長さんは冷静でした。
本人はPC操作の過失と主張しているし、役付者ではない一般従業員だったし、マスコミ等には取り上げられなかったので(言わなければ誰も知らない状態)、交通違反で多額の罰金を課せられたのと類似していると考え、本人の厚生を期して担当職務の変更に留められました。また、本人も深く反省していたらしいです。
しかし、このように冷静に対処できる社長さんは稀だと思います。普通は感情的になられ懲戒解雇または普通解雇しようとする方が多いようです。
昔しの私の経験では、医師による誤診に文句を言おうとして医師の自宅に上がり込み詰問したため警察に連行された従業員が発生した企業では大騒動となりました。しかし、これだけでは解雇することは無理です。
電車会社の従業員が車内の痴漢行為で逮捕されたり、バスやタクシーの運転手さんが飲酒運転で逮捕されたならは話しは別(職務に直結する非違行為)ですが、労働契約法により「解雇するには客観的に合理的で、社会常識で判断して止むを得ないと認められる位の非違行為であること」が必要となります。
正直に言って、この手の懲戒処分の相談が一番悩む処です。何故ならば、犯した罪の社会的重要度がよく分からない場合が多いからです。そのため、この手の相談のときには一呼吸も二呼吸も間をおいて客観的情報を集めて考えるようにしています。
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR