FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
11 | 2011/12 | 01
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

慶弔見舞金規程の監修
ある会社が慶弔見舞金規程を自分達で作ったので監修して貰いたいと言う依頼がありました。
一般の人がつくった割には良くできていましたが、
①「又は」と「若しくは」、「及び」と「並びに」の使い方が正しくないので誤解が生ずる余地のある条文があること
②「病気」と「傷病」の違いに気づいていないので、病気で死亡したときしか死亡見舞金が支給(贈与)されないこと
③障害が残った場合に見舞金を支給する規定があるが、「重度障害の場合」とだけ定めているので、障害厚生年金の障害等級で具体的に何級以上のことをいうのか明確にした方がトラブル防止になること
などに気づきましたので早速連絡をしました。
何かを参考にして自社に合うように作り直されたのでしょうが、日常文章と違い誤解が生じない表現にしなければならないため、一般の人が加工した場合には専門家に監修してもらった方が良いと思いました。
例えば、
「A及びB並びにその配偶者」・・・AとAの配偶者とBとBの配偶者の合計4名
「A並びにB及びその配偶者」・・・AとBとBの配偶者の合計3名(=Aの配偶者は含まない)
となります。

それにしても、昨晩、大好きな酢豚と紹興酒を楽しんだせいか、今日は一日中、気怠くボ~として集中力がありませんでした。反省です・・・!!

今朝8時過ぎにインターネットで雇用保険被保険者資格取得届を電子申請したのですが、夕方になって公式文章が返信されてきました。電子申請の割には早い返信です。そして不思議なのですが、資格取得届の従業員さん用の部分が、2週間位前から会社用の部分とは別の公式文章で返信されているのです。印刷する手間が増えるのと、専用用紙に印刷すると多少のズレが生ずるので不便です。何故、別々の公式文章にする必要があったのでしょうか?

スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR