FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
10 | 2011/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

退職後の年次有給休暇の請求
日中は終日、ある会社で給与体系再構築のため評価制度をつくるための役割・責任分担表(本当の意味での組織図)をつくっていました。
その最中にハローワークや年金事務所に届け出る書類の準備ができたので取りに来て貰いたいという依頼が携帯電話でありました。そこで夕方その会社にお伺いし各提出書類をお預かりしていたら、担当者から「実は相談したいことがある」と言われました。
相談というのは平均賃金の計算方法でした。ナ~んだ、そんなことか!!それなら簡単なことですよと計算結果を伝え、「ところで何に使うン?」と尋ねました。
そうした処、実は退職した元パートさんから年次有給休暇の請求をされ、本人との話し合いで年次有給休暇10日分を和解金として支払うことで合意したので、その額の検算を依頼されたことがわかりました。
退職した後から年次有給休暇取得を請求する? 何とも変な話しです。担当者いわく「本人がハローワークに相談した上で会社に電話してきたこと、そしてそれを会社が拒否する場合には労働基準監督署に書類を提出するようにとその書類もハローワークで貰ったこと」を本人が伝えて来たので、電話で話し合いをして年休残日数の半分だけを和解金の代わりとして支払うことで合意したということが解りました。
何とも、常識では考えられない話しです。多分、この元従業員の背後に法律を多少知っている人がいて知恵を授けているのでしょう。最近はこのような輩が非常に増えています。
しかし「退職後に年休を請求する権利などあり得ない」「ハローワークが退職後の人に年休を請求するよう指導をする訳はない」「ハローワークが労基署に提出する書類を渡す訳はない」等から判断すると、実務経験のない人が悪知恵を授けているようです。労働紛争の実務を知らない一般企業を相手にダメで元々の考えで要求しているとしか考えられません。企業の総務担当者もこんな輩に備えておく必要がある時代になってしまったのですネ!!
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR