FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
10 | 2011/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

退職の相談
昼間にバイクを止めさせて貰っていたお店の人にお礼を言って事務所に早く帰り明日の「組織の見える化作業」の準備をしようとしたら、このお店の人から「相談したいことがある」と言われたので、相談にのることにしました。
相談内容は、上司が社内で不正をしており、そのことを何度も社長に直訴したが全く理解しようとしないので、何とか売上を上げようと努力するのが馬鹿らしくなり、今後は「売ることに一生懸命になることを止めて時間から時間まで勤務することだけにするか」それとも「いっそのこと辞めてしまうか」で迷っているとのことでした。
そんなことを私に相談されても困るから自分で考えるしかないですと答えるしかなかったのですが、退職する場合には退職願ではなく辞表を提出すれば2週間で有効になり、その間は年次有給休暇を取得する人がいることを教授しました。
確かに、この会社の社長は、自分にとって都合の悪いことは一切聴こうとせず、取り巻きの古参社員にいいように「裸の王様」にされているから、社内のこと、特に現場のことが全く分かっていないのです。数年前までは、私も何度も婉曲に社長に注意しましたが全く聞く耳を持たなかったので最近は言うのも止めた状態です。当然に経営のことは全くわかっていません。
この会社は、会社の寿命から言うと衰退末期状態となっています。メーカーへは支払を猶予してもらい、社員への給与の遅配ぎみです。それなのに、社長は当面の売上だけをなんとかすれば現状打開できると考え、その他のことは全くしようとはしないのです。本当は、当面の売上対策と抜本的な事業再生計画を実行しなければならないのですが、社長が現実を見ようとせず、自分にとって都合の悪いことには一切耳を貸さない為、状況は悪くなる一方なのに、社長がそれに気付こうとしないので私も打つ手が無い状態となっています。古参社員さんたちは、社長が現状に気づき抜本的対策を講じると、自分達の地位が危なくなるから、社長が「裸の於王様」となるように仕向けているのです。
そして、その社員が最後に言ったのは「会社って、いつ倒産しても可笑しくない状態になっても、結構継続できるものですネ」でした。
「魚は頭から腐る」といいますが、社長が現実を見ようとしないで、正にその状態となっています。気付いていないのは社長だけのようです。社員さん達はいつ会社が倒産しても良いように覚悟はできているようなのです。全く情けないお話しです。
実は、色々な企業も問題解決をお手伝いしていると、これに類似した事例は沢山あります。






スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR