FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
10 | 2011/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

労基署調査の事前確認
昨日は、オチョコ5杯の紹興酒を飲んだだけで急性アルコール中毒となり救急車で病院に搬送されてしまいました(加齢とストレスには勝てないですネ)。しかし、点滴をうってもらったお蔭で、一晩自宅でゆっくり寝たら全快の状態になりました。
下関支店を労基署が調査するので、資料を下関労基署まで持参することになった企業があります。
今日は事前に賃金台帳、タイムカード、労働条件通知書、36協定等を確認するためにお伺いしました。
最近の労基署調査は未払賃金よりも、残業80時間超の長時間労働対策を会社に指導することが主目的となっていることが多いようです(チクリでなければ・・・)。この会社の場合は、労務管理はチャンとされているし、人間関係も良好だからチクリは心配しなくても良いようです。
そのうえでタイムカードをチェックした処、60時間超の残業を1カ月だけやっていた従業員が見つかった程度で、80時間~100時間超の残業をしている従業員は皆無でした。しかし、労基調査のときに100時間超の残業者が発生した場合の対策を訊かれることはわかっていますから、厚生労働省ホームページからダウンロードした健康状態問診票を元に会社流にカスタマイズしているチェック表を持参するように勧めました。
残業代はPCのエクセル表で固定残業代を超えていないか毎月チェックしていますから全く問題はありませんでした。
しかし、PCを誤操作したためか、40日程度の年休を取得して先月退職した従業員の精皆勤手当が不支給となっていたこと(類似の他の従業員のときにはチャンと支払っているのに・・・)、役職手当の金額が1カ月だけ全く違う金額が入力されている従業員が発見されました。いずれもPC操作ミスのようなのですが未払賃金には変わりありませんから、丁度今月の給与計算をしている最中だったので、不足分を今月の給与で支払うように依頼しました。
これなら大丈夫と思った処、社長から私も同行してもらいたいという依頼がありましたので同行することにしました。社長曰く「当日、特に何もしてもらうことは無いようだが、村上さんに同席してもらうと質問を受けたときに心強いのです」とのことでした。広島から下関まで車で約3時間位かかりますが、気候も良いから社長とドライブを楽しんでくることにしました。
因みに、私は「ふぐ」が苦手なことを社長には話しておきました。
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR