FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
10 | 2011/11 | 12
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

建設業法に関する指導について
先日、建設業法の指導を国交省から受けた会社の会長から電話が入り「新しい役員が本日から入社するので、その人の報酬をきめたいから10時に来社して貰いたい」とのことでした。
64歳の新役員さんの報酬の件だから、テッキリ年金と報酬とのバランスをとるにはどうしたら良いのかという相談だと思ってお伺いした処、「先日、国交省から指導をうけた件に関して、社長に全く善処しようという姿勢が見受けられないので、新役員さんの初仕事としたい。ついては緊急に役員を招集して対策を練る」ということになりました。
この相談でお昼過ぎまでかかり、やっと終わったかナ?と思ったら、昼食の後は会長から別室に呼ばれて、「うつ病にかかった従業員が辞めたいといっているらしいのだが、社長が辞意を受理しようとしていない。どうしたものか?」という新たな相談をうけました。事情を会長からお聴きした処によると不正取引の疑惑があるらしいとのことでした。
そこで、早速、事情が解っている部長に来てもらい、事情を確認した処、不正取引はないのだが、本人が病気が治ったら退職前にあいさつ回りをしたいと希望しているので、辞意を受理しかねていることがわかりました。
結局、本人に私が会い、退職手続をした後に、ゆっくりと療養に専念し、気分が良いときに他の社員が同行してあいさつ回りすることを勧めることになりました。
本人の辞意を受理しなかった理由が、分かったような、わからないような変な状態ですが、本人の了解の元にコトを前に進めることになりました。要するに、部長も初体験でどうしたら良いかわからない、社長も解らない、結局、本人の辞意が宙に浮いていた状態のようです。その状態にシビレを切らした会長が、私に解決を依頼しようと判断したのが実情ではないかと思いました。
そんなかんだで、終わったら、既に午後3時になっていました。ヤレヤレ!!、新役員の報酬を決める相談だった筈なのですが、他の相談事の方に時間がかかってしまいました。予定としては12時には終わるだろうと見込んでスケジュールを立てていましたから、ご相談が終わったら直ちに1時間ほどバイクを飛ばして広島北労働基準監督署に祝儀用規則変更届を持参しました。これも本来ならば郵送しようと思っていたのですが、広島北労基署に電話したら、就業規則の一括届出は不慣れだから来所してもらいたいと言われたから行くことにしたものです。
届出が終わり、今度はまた1時間ほどバイクを飛ばして、やっと本来予定していた企業にたどり着けました。既に5時でした。その会社でのご相談は、「下関支店のことで下関労基署から電話があり、労基が調査するので資料を持って来所するように言われたから、村上さんにも下関で同席してもらいたい」というご依頼でした。思わず「下関→→→ふぐ」と連想してしまいました。この企業は、今春に山口労基署が小郡支店を調査したばかりですが、そのときも同席したので断る訳にはいかないナと考え、同席することに同意しました。
国交省の調査は初体験でしたが、労基署調査は慣れたものですから不安は全くありません。どちらかというと、久しぶりに下関までドライブを楽しみに行くようなものです。秋になり気候が良いですから・・・。因みに、私は「ふぐ鍋」が嫌いなのです。
他に本日予定していた企業は電話でお断りし明日以降に順延することにしました。
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR