FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
08 | 2011/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

障害基礎年金の20歳前傷病か、事後重症(又は基準傷病による初めて2級)か?
13~14歳の頃に「癲癇」を発病し、最近(現在49歳)「うつ病」になってしまった人に、「うつ病」を障害基礎年金の支給申請事由とし、癲癇は参考資料として添付するように説明して書類を渡していました。
しかし、ご本人が医師と相談した処「20歳前に罹患した癲癇は治癒していたことにして、40歳頃に癲癇が再発し、そのときには障害等級に該当しない程度の障害であったが、最近「うつ病」を発病し、最近では障害等級に該当する程度の障害状態となったから障害年金の支給を申請するという理由で障害基礎年金の支給申請をしたらどうだろうか・・・」と医師から言われたのだが意味がわからないので教えて貰いたいと質問がありました。
何か、社労士試験のときに習った「事後重症」「基準傷病による初めて2級」(「併合認定」)の復習となるようなご質問でした。
早速、これらの復習をしたことは言うまでもないことですが、「癲癇」という傷病が治癒したと厚生労働省の審査官が認めてくれるかどうか?という疑問が残りました。
そこで、年金事務所の職員と打ち合わせをした処、この人の場合は13~14歳以降も通院しているので癲癇が治癒したと認められるには、その後の通院が癲癇の定期健診のためだとしても15年~20年以上再発していないこと等が必要となると予測される。そのため、もしも医師の言う通りの手順で申請すると「不支給決定」となることが考えられる。しかし、不支給決定の通知が届いたら審査請求を再度行えば、20歳前傷病として認定される可能性がある。ただし、リスクがあることだから、どういう申請方法にするかは本人に選択させた方が良いであろう、との回答を得ました。
しかも、もし医師の言う手順で支給申請をするとなると、癲癇が再発したと証明してくれる病院に通院し始めた時代にこの人は会社勤務をしていたから、障害基礎年金ではなく障害厚生年金の対象になる可能性も出てくるのです。
ヤレヤレ、顧問先社長の友人ということで気安く引き受けたが、えらく面倒くさいことになりそうだ・・・!!
スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR