FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
08 | 2011/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

雇止め
雇止め と 和解
ある顧問先から午後3時ころに電話があり、「有期契約従業員に雇止めを言い渡した処、予期に反してトラブルが発生したので至急相談にのってもらいたい」ということだったので、直ちにスケジユールを変更してお伺いしました。
①半年単位の有期契約を数回反復している
②今回の契約期限は9月30日
③能力が著しく低下したので(人事考課も最低ランクの評価)、今回の契約期限満了をもって雇止めにすることを8月30日に言い渡した処、当日は素直に従ったが、翌日以降になって、(a)年休残が38日あるのが消化しきれない、(b)約1年前に社会保険未加入だったことがわかり半年前に支払った社会保険料本人負担分を返金してもらいたい等の訳の分からないことを言い始めた。
④実は、前回の契約更新に際して、3カ月契約としたのだが、このときも後日になって苦情を言い始め、結局半年契約に修正した。
⑤この会社は契約更新時には面接を行い、労働条件通知書も再交付しているし、有期契約従業員の人事考課もチャンとやっている。
⑥しかも本人は69歳
このような状況であったので、もし仮に紛争となっても勝てると判断しました。
しかし、流石に大企業だけあって、紛争を起こすことでレピュテーションリスクが発生することは避けたいので示談(調停)という形で穏便に収束させる方法を選択されました。確かに、本人を余りに追い込むと「窮鼠猫を食む」といわれる状態にもなりかねないので懸命な選択だと思います。顧問先が争うと言われればその方法を伝授する処だが、紛争化してムダな時間を費やすことを考えると百歩譲って和解するのが賢明と思います。


スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR