FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
07 | 2011/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

社員が会社の価値観を理解する方法
(前置き)私は毎月の賃金と年2回の賞与並びに退職金とを合わせて給与と呼んでいます。

さて、会社が何を良しとし、何を悪とするか、という会社の価値観を社員に理解させるにはどうしたらよいか?
朝礼や会議の場で、社長がどんなに口を酸っぱくして言っても、社員には会社の価値観は伝わり難いものです。
PFドラッカーは、「①誰を昇格させたか? ②誰を昇給させたか? によって、社員は会社の価値観を理解する」と言っています。
私は、これに「③誰をどんな理由で懲戒処分にするか、表彰するか」を付け加えたいと考えます。
また、「これは些細なことだから懲戒処分にしなくても良いだろう」と考える会社は多いようですが、「大きなダムも蟻の穴から崩れる」と昔から言うように、些細な悪事も徐々に社風に影響を与え、気付いたらとんでもない考えが社内に蔓延していたということは良くあります。
①昇格、②昇給、③懲戒処分と表彰は、社員が会社の価値観を無意識の内に理解する重要な要素なのです。
年功的に昇格や昇給をさせたり、懲戒や表彰を蔑ろにしていると、社員はいつまでも会社の価値観を理解できません。
良い会社にするためには、信賞必罰を明確にし規律を重んじる社風を創り上げることが必要です。
スポンサーサイト





プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR