FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
07 | 2011/08 | 09
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

労務管理の基本
 会議の場で、取締役と人事担当責任者との間で激しい言い争いがあった会社の取締役から「当社には解決しなければならない問題が山のようにあり、何から手をつけていったら良いのかわからないので相談にのってもらいたい」という依頼がありました。
 この会社は、新しい着眼点で事業を始め急成長を続けている会社で、どうしても今までは経営資源を営業関係優先で配分せざるを得なかったのですが、現在ではアルバイト・パートも含めると総勢800人強の会社となり、今までような「勢いに任せたやり方」に限界がきていることがわかりました。
 そして更に色々なことを取締役からお聞きしたうえで、「貴社の問題の真因は労働時間の管理を徹底していないことにあるようです」と私は伝えました。業績管理(総売上や利益総額など会社規模を大きくすること)ばかりに力点がおかれ、労働時間管理(労働生産性の管理)がナオザリにされていた結果、多人数になった今、それまでの問題が一機に噴出した観が窺えました。会社の規模ばかりを問うのではなく、時間当たり生産性(効率)を問うことで、従業員を縛りつけようとするのではなく会社の仕事の中から無駄取りをするようにして、従業員も会社もお客様も三方よしの状態を目指す必要があると思いました。また、会社が成長し続けるためには顧客を創造するというクリエイティブな面と同時に、規模が大きくなると狭義のマネジメント(管理)が必要となり、この両者を上手くバランスさせないと、いずれは会社が空中分解し始めるか、または大きなトラブル(紛争)に巻き込まれてしまうのです。
 その上で、労働条件通知書(雇用契約書)の色々な雛形を私がつくること、残業・深夜労働・法定休日労働それぞれの時間数を毎月把握し従業員にも通知すること、勤務予定表を1カ月単位でつくり実績との相違点を分析するようにすること、従業員の健康管理のために法定健康診断(特に深夜業の年2回実施)等々を提案しました。そして、責任者会議の場で、私と一緒に店舗の勤務割予定表の雛形をつくることになりました。
 2年後からは割増賃金の割増率が2倍になる訳ですから、これらのことを焦らずに早く着手・整備していかないと、2年後以降が大変な状態となってしまいます。その意味では、この会社は早い時期に気付くことができ、対策に着手することができてラッキーな会社だと言えます。
 しかし本音で言って、私にとっては大変な仕事です!! 顧問報酬を値上げしてもらいたいのが正直な気持ちです!! しかし、やるしかないか!!
スポンサーサイト





プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR