FC2ブログ
村上社会保険労務士事務所
会社を元気にする社会保険労務士!! 迷う、悩むより先に相談を!!
03 | 2021/04 | 05
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

広島県最低賃金が733円になる?
新聞の記事に「10月下旬から広島県の最低賃金は733円となり、現行比14円の値上げが審議会から労働局に答申された」という記事が出ていました。
大企業は兎も角として、最低賃金法の影響を受け易い地方の零細・中小・中堅企業の経営は維持することができるのでしょうか?
最低賃金が733円になると、残業したときには時給917円以上、残業が更に深夜にまで及んだときは時給1,100円以上の賃金を支払うことが必要となります。そして会社経営上の人件費という視点から考えると人件費は賃金に法定福利費を加算した額となるので、建設業、メーカー他で労災保険料率や雇用保険料率が高い業種を別にした一般的な業種では、最低賃金733円に対する人件費は846.4円となります。
この水準で会社は従来通りのやり方を続けていて経営を維持することができるのでしょうか?人件費が値上がりするのだから、やはり1時間当たりの生産性を高めることが必要となるのではないでしょうか?
アベノミクスでは物価2%上昇を目標としていますが、企業間競争が激化している現状を考えると人件費高騰を販売価格に転化させようとしても難しいのではないでしょうか?
会社の儲けを減せば良いと考えるのは軽率な考えです。会社の「儲け(利益)」は将来に対する投資の原資であり、また将来のリスクに対する保険という役割も果たしています。安易な考えをすると「タコが自分の足を食べている状態」となってしまいます。
最終的に、会社は1時間当たりの生産性を高める努力・工夫をしない限り賃金を増やすことは難しいのです。
かといって、仕事の密度が濃縮されて現状でも精神疾患(うつ病他)に罹患する従業員が増えている現状を考えると、これ以上仕事の密度を濃縮したら更に精神疾患患者が増えるのではないかという懸念もあります。
そのため、いままでのような部分的な業務改善や部分的改革ではなく、全社的視野からの革新を検討することが必要になっています。同時に精神疾患対策にも留意することが必要です。
村上社会保険労務士は、社会保険労務士として労務管理のお手伝いをしながら、中小企業庁認定経営革新等支援機関として会社の経営革新もお手伝いをさせて頂いています。これは「企業はヒトなり」という考えに基づくものですが、どうぞ労務関係だけでなく経営面のご相談もお気軽にご相談ください。



スポンサーサイト



テーマ:人事労務 - ジャンル:ビジネス

経営革新計画書の提出完了
今日は、前月中頃から取り掛かっていた経営革新計画書の修正(県職員の意見を反映)したものが受理されたので、依頼した企業に最終的に県が受理した経営革新計画書を届けに行きました。そして、県職員の意見として、今回の革新計画で特にどんなことに留意しなければならないか言われたことをお伝えし、会社の推進責任者も納得していました。
経営革新計画の申請は、他の申請書を提出する場合とは違い、県は計画書の内容を予め検討して不備や意見があれば教授してくれます。そのため何度か修正して県に行かなければなりません。しかし、最終計画書が受理されれば後は月末の審査を待つだけとなります。審査会で発表してくれるのは県の職員さんですから、会社と県との橋渡しをすることが私の重要な役割の一つとなります。
これで、もしもキャリア形成助成金も利用出来るようになると、会社が予定する新規事業計画は一機に開始することが出来るようになります。
ヤレヤレ・・・、一件やっと終わりました。しかし、事業計画の実施はこれからですから、「始まりの終わり」と言った処でしょうか?

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

会社の経営理念
会社の経営理念を創りたいという会社で説明してきました。
昨日、丸一日かがりで準備した資料を使いながらの説明ですから、ついつい時間がかかってしまいました。
全従業員で創る場合、社長一人が創る場合、プロジェクトチームが創る場合など経営理念の創り方が色々と解説してある資料をお渡しし、更には数百社の経営理念が記載されている資料も参考までにお渡ししました。
そして、いま話題の「京セラ」の経営理念は「敬天愛人」の考え方が全てのベースになっていること、また優れた経営理念と言われている「清水建設」の経営理念は論語がベースとなっており、いずれも「人」と「革新すること」を重視している内容であることも説明しました。
企業の責任者は、私がお渡しした各企業の企業理念が記載された書籍を見て数の多さに吃驚されていました。

テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

経営革新等認定支援機関に認定されました
企業経営のわかる社会保険労務士として、中小企業庁により平成25年7月10日に経営革新等認定支援機関として認定されました。
税理士は税法のプロ。会計士は企業財務のプロ。弁護士は紛争解決のプロ。司法書士は登記のプロ。社会保険労務士は人事労務管理のプロ。それじゃあ、経営アドバイスのプロは???
村上社会保険労務士事務所は、社会保険労務士でありながら金融及び企業財務に関する専門的な知識や実務経験が一定レベル以上ある者として認定支援機関になることができました。
これで、企業経営で必要とされるヒト・カネ・モノ・情報のうちヒトとカネに対するアドバイザー兼推進役として認定されたことになります。
認定支援機関とは、会社の現状分析を行い、新規事業計画の策定と実施にアドバイスや助力をして、より良い会社となるためのお手伝いをする機関です。
今後は「より良い会社になって頂くために、一層の尽力をつくしたい」と思います。
Image.jpg


テーマ:企業経営 - ジャンル:ビジネス

プロフィール紹介
会社を元気にする村上社労士(MSR)!!  悩む・迷う前に相談を!!  
JPEG.jpg従業員さんとトラブル(個別労働紛争)、労働基準監督署の調査などにより、会社で問題が発生した!!
給与体系や退職金規程の変更、評価制度、教育訓練他の経営課題をどう解決して良いかわからない!!
就業規則や社内諸規則を変更したいのだが、法的に注意すべきことがわからない!!
事業計画が思うように進行しない、事業計画の創り方がわからない!!
会社の業績をもっと良くしたいのだが、どうしたら良いだろうか ?
何か良い解決策はないだろうか?    こんなとき他社はどうしているのだろう ?
MSRは経営者としての経験と、その後の体系的学習を基礎にして、「経営者の視点」「法律家の視点」「経営コンサルタントの視点」から助言し、一緒に解決していきます。
MSRは、経営者の良き相談相手となれるよう努力しています。   
(信条) 「誠意」「真摯」「迅速」に「貢献」する。
           個人情報保護認定事業所:SRD 認定番号00109
(営業時間)午前7時~午後11時 年中無休 休日・夜間も遠慮なく相談下さい。
(電話) 082-295-1227       (Mail) k.m@crux.ocn.ne.jp
(名称)村上社会保険労務士事務所   (略称)MSR      (開業)平成14年12月    (所属)広島県社労士会
(氏名)村上 公政(ムラカミ キミマサ)     (生年月日)昭和28年7月6日   (学歴)慶応義塾大学経済学部卒業
(住所)〒730-0853 広島市中区堺町一丁目5-3 
(他のブログ)http//km-msr.blogspot.com/ http://www.sharoshiblog.com/kimi530706
(H.P.) http://www.msr530706.jp  FacebookとFacebookノートもやっています。
    H.P.には経歴詳細が記載されています。

<<提供できるサービス>>
 ①経営全般の相談(人事労務に限らず、キャッシャフロー、財務、事業計画作成等のご相談にも対応します)
 ②個別労働紛争解決(従業員さんと会社のトラブル解決)
 ③就業規則ほか諸規則の作成
 ④賃金体系、退職金規定の再構築
 ⑤社員教育プログラムの作成
 ⑥諸届事務の代行
 ⑦給与計算の代行
 ⑧助成金の支給申請代行
 但し、ご契約内容により提供できるサービスが異なります。
 << 費 用 >> 詳細はブログ右バーナー・カテゴリーの報酬(価格)表をクリックしてください!!  
        (Ⅰ) 初回のご相談 
 初回ご相談  ご相談は無料です。着手するまで費用は頂きません。 

        (Ⅱ) 社会保険労務士として顧問契約の場合(1年単位となります)
 セカンド・オピニオン型(諸届代行なし)  月額1万円より  (消費税別) 
 社労士 基本パターン型(諸届代行あり)  月額2万円より  (消費税別) 
          
        (Ⅲ)  経営全般のご相談契約の場合(1年単位となります)
   経営コンサル型(諸届代行なし)    月額3万円より   (消費税別) 
          
        (Ⅳ) 給与計算代行
給与計算代行型基本月額2万円(消費税別)より 但し人数に応じた割増あります 
       
        (Ⅴ) スポットでのご依頼案件の場合
 就業規則の作成10万円~20万円(消費税別) 運用指導3回&変更届1回分を含みます 
個別労働紛争解決 
基本料3万円(消費税別)より
 但し別途立会料(30分5000円)が必要となる場合もあります
その他スポットのご依頼 ブログ右上の報酬(価格)表をクリックしてください

 << 社労士 村上公政の略歴 >>
昭和47年3月 広島市 私立 修道学園(中学・高校) 卒業
昭和51年3月 慶応義塾大学経済学部 加藤寛ゼミ  卒業
昭和51年4月~昭和55年3月 富士銀行虎ノ門支店 勤務
昭和55年4月~平成2年7月  (株)丸政 勤務 (両親が経営する女性向け服飾雑貨の卸問屋)
平成2年8月~ (株)セピア丸政代表取締役 就任・・・会社分社化して独立
平成12年12月 (株)セピア丸政 倒産
平成14年12月 社会保険労務士として開業
平成19年3月  特定社会保険労務士として登録
(その他)
小学3年生~高校卒業 ボーイスカウト広島1団 所属
昭和63年~平成5年  広島青年会議所(広島JC) 所属
20歳代後半は、商業界と船井総研(コスモスクラブ)のセミナーを受講
詳細はホームページに記載しています。

公益財団法人ひろしま産業振興機構にも登録

テーマ:社会保険労務士 - ジャンル:ビジネス



プロフィール

msr530706

Author:msr530706
社長を辞めて社会保険労務士になりました!!中小企業庁の認定支援機関にもなりました。
経営者の視点でアドバイスします。一人で迷う、悩むより先に相談を!!

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

ご意見、ご質問はこちから

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR